このサイトは医師によるサイトではありませんので、てんかんに関してはお近くの医療機関にご相談下さい

11月19日火曜日で認定日 “旅の恥はかき捨て”の意味は“ものだ”

若い頃、人生を長い旅に例えればその途中に少しくらい恥ずかしいことをしても大丈夫だろう

こんなふうに考えて、本来自分がやらないであろう恥ずかしい行いを何度かしている。

その当時はいつか忘れるだろうと考えていたが数十年経っても忘れられない。むしろ今の俺を苦しめる。

歳取ってから気付いてもどうしようもないが、人はやはり自分の内なる気持ちに従うべきだなぁ

若くっても実は最初からどうすべきかなんてわかっている。ただ弱いだけ。

弱いから逃げる。ごまかす。

いつか忘れるだろう。いつか何事もなかったと思えるだろう。

そんなふうに考えて間違いを犯すが絶対に忘れない。むしろ時間が経過すればするほど苦しみが大きくなる。

運よくこのページに辿り着いた若者がいれば耳を傾けて欲しい。

心の呼びかけを無視してはならない