このサイトは医師によるサイトではありませんので、てんかんに関してはお近くの医療機関にご相談下さい
TAG

交通事故

「なんてついてないんだ」なんて考えない。今が最高!「あの時こうしていれば・・・」なんてあり得ない

「あの時・・・」なんて考えない。保険以外(笑) 「もしあの時~していたら・・・」 こんなふうに考えること、ありますか?例えば今の僕の場合 事故の時、妻が警察に僕の病気を言ってなければ会社で入ってくれていた保険(あ〇お〇保険)の給付金が出たかもしれない そもそももっとてんかんに造詣の深い医師の診断・治療をうけていれば事故を起こすことは無かったかもしれない 早く発作をコントロールできていれば交通事故も […]

てんかんの俺に給付金を出してくれた保険屋と出してくれなかった保険屋の件

保険屋は皆同じではない 交通事故の時既往歴に“てんかん”があると給付金を出してくれる保険屋さんと出してくれない保険屋さんとに明確に分かれるようです。 同じ案件でも保険会社によって対応が若干違うかもしれないとは思っていましたが、今回の交通事故による手術や入院でしみじみそう感じました。 結婚して子供が生まれて家族を背負っていると万が一の事態に備えて、何がしかの保険に入ろうとして誰しも何がしかの保険に入 […]

(祝)支給決定の通知来ました。何が監督署に決定付けさせるのか

監督署を動かすのは“法律”! 意外にも監督署から“支給決定”のお知らせがきました。傷病手当を監督署に請求から4ヶ月。全く音沙汰無しだったので 「もう、ダメなんだろうな・・・」 って思ってました。ところが!5ヶ月目の先日「支給する事になりました」っという連絡が監督署からきました。 てっきりダメなんだろうな~って思っていただけにいやぁ~~~嬉しいッスッ! でもここで気になるのは監督署がなぜ?“支給する […]

てんかんは意地でも隠し通すべきか?それとも正直に告白すべきか?

今はもの凄く難しいテーマ。もどかしいテーマだと思います。 役人でさえわからない交通災害のパターン 監督署に傷病手当を申請してからもう4ヶ月になろうとしていますが何の通達もきていません。おそらく忘れた頃に“不払い決定通知書”っていうのがやってきて終了って感じでしょうか。今回最も引っかかっているのが恐らく ドクターストップ中の運転による通勤災害 っということ。監督署の判断を難しくしているのが“てんかん […]

「え~っ!?こんなんじゃダメでしょ~」大病院の医師でも迷う処方箋

今では血中濃度も安定し、目立った副作用も見られず何より発作を起こさない今のお薬は僕にとって最高のお薬となっています。でも なぜ最初からこの薬を出してくれない? なぜ最初からこのお薬を処方してくれなかったのだろうか・・・ そう思っている安定期の患者さんも多いことでしょう。「なぜ?」と言うならそれはですねぇ~ わからないから それしかない。元々難しい病気ですし、患者さんの発作などのデータからある程度タ […]

交通事故で感じた気付き。最初に読んで欲しい事故と発作と請求書

今回交通事故に始める各種行政手続きや生命保険などの請求手続きに関して気付いた事などを備忘録的に少し書いてみたいと思います。 必ず警察に連絡 たとえそれが相手のいない自損事故でも必ず警察に来てもらうこと。そうじゃないと後で保険や手当て関係の手続きの時にだいぶ困ることになります。 特に事故証明はその日のうちに事故処理をしておかないと何日も後になってからだと警察も腰が重くなってしまいます。 交通事故はど […]

てんかんになったら乗りたいクルマとは?今後に望む安全運転支援システムとは?

発作が無くなってから2年経過。自動車を運転する権利が出てきた時に注意したいこととオススメの車とは 自動車の運転!全然OKだと思ってますか? 薬が決まって発作が無い状態が2年も続けば 「オレ、もう完全に大丈夫なんじゃない?」 って思いますよね。でも忘れた頃に発作を再発するのがてんかんの怖いところ・・・らしいです。 特に普段のお薬の“飲み忘れ” も再発の原因らしいです。夜中寝ている時だったらまだしも、 […]

そもそもてんかんの発作ってどんな感じ?これからどうする?

あくまで僕の場合であり、全ての患者さんに当てはまるものでは無いと思いますが、これこそてんかん患者が自動車の運転をしてはいけない最も大きな理由ではないかと思います。 スパッと記憶が途切れます それも何の前触れも無しにですよ?信じられないほどキレイに! カラダが“ビックンビックン”いってる時もそのあとぼんやりしてる時の会話もケガによる痛みも何もかも 全く覚えてないんです ですからたぶん本人が一番幸せな […]