今年の紅白は面白かった

内村光良、『紅白歌合戦』を救った圧倒的な“父性”

ウン、確かにウッチャンのおかげかもなぁ。出過ぎずちょうどいい感じでアーティストたちにちょっと低いところから声をかけてる感じ。

いつもはバカバカしいって感じで見ないんだけど今年はなぜか?最後まで見てしまった!

でしゃばらなくてあつかましくもずうずうしくもなれなれしくもなく、コメントが

他人をネタにしないで自分を(自分の番組のスタッフを)ネタにしているので出演者や関係者に嫌味がまったく無い。

やはりお笑いにしても歌番組にしても他人を貶めたり他人の失敗をネタにしたり上げ足をとったりするようなものはイマイチ!

っといういい見本になったような内村氏による司会だったのかもしれない。

そういえばウッチャンの番組ってみんな仲良さそうで見ているこっちがホッコリするような番組が多い。

スゲーな、ウッチャン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です