新年早々・・・・・

今回の帰省はニョウボは仕事のため来なかった。31日の午後ムスメと出かけ2日夕方帰った。

ニョウボは当然ながら仕事なので部屋にはいない。

俺達がいない間どんな暮らしをしていたのか?部屋の中を見渡すと・・・・

まぁわりとのびのびしていたであろう感じ^_^;

とりあえず台所の山になってる使用済みの食器などを片付けてお風呂の段取りをし寝室に布団を敷いて晩御飯の支度をしてテーブルに実家からもらってきたおせち料理を並べて年賀状の整理などしてニョウボを待っていると・・・・玄関から物音がした。ニョウボが帰ってきたようだ。ところが

「え~っ!??何??もう帰ってきたの?~なんで今日なのよぉ~明日じゃなかったの?も~~~なんで連絡くれないのよぉ~」

オレ:「・・・・・メッセージ入れたけど?」

「メッセージじゃなくて~電話入れてよぉ~・・・・・・・・・・」

帰ってくるなり早々にグダグダが延々と続く。こういう時ニョウボと会話してはいけない。オレは完全無視するかのようにニョウボの発言に一切反応しない。

もうニョウボと同じ空気を吸っているのがイヤになり先ずは外に出て一服。

吸い終わって部屋にはいると今度はムスメとスマホの件でケンカしている。今度はムスメがブチ切れてバンッ!っと寝室のドアを閉め鍵をかける。

ニョウボはクサクサしたキモチを解消するがためか?オレの着替えの入っているバッグを脚で蹴り上げる。

ホッんとにニョウボはダメな奴だ。

ムスメは俺と一緒にいる時は自分で言うのも何だがわりといい娘だ。実家の連中もオレの娘の将来をそれほど案じてはいないだろう。

ところがどっこいニョウボといるときの娘は・・・・・・

人は自分を映す鏡

などと言うが正にその通りで、娘の態度はニョウボをそのまま映し出している。

少しムスメが不憫に思えたが仕方が無い。何しろ正真正銘ニョウボの子供なのだから。

ニョウボとは頻繁にケンカもするが仲直りも早い。俺が早々に床に入ってからニョウボとムスメがなにやら楽しげに話しているのが聞こえる。

まぁそれはそれでいいが・・・・・問題はニョウボ。

ニョウボは自分の悪いところを何となくだがわかるようになってきた。そういう自分が嫌いでもあるようだ。

そこでムスメに同じ思いをさせまいとムスメに色々言うが、娘はニョウボの言うことを聞かない。なぜなら子供はできてない奴の言うことを聞く気はないし、子供のクセに大切にすべき大人とそうではない大人とに分けている。

だからニョウボのスマホは自由に使おうとするが俺のスマホは決して触らない。おそらく「あのスマホは決して触ってはいけない」っと思っているのだろう。

俺がムスメに何か言ったわけでもないが娘は決してオレのスマホは触らない。

子供の教育は“物言い”も大切だが“親自身の規律ある生活と態度”も大切だとシミジミ思う。

ニョウボは自分の欲求や願望に弱い。故にだらしない。彼女は否定するだろうがオレと一緒にいる時のムスメとニョウボと一緒にいる時のムスメの態度を見ていれば

一目瞭然

ニョウボよ。ムスメを自分の想像通りに育てたければ先ずは自分を変えよ。そうすればおのずとムスメは君の思うような娘になりますよ。

ってニョウボに言ってやりたい(爆)まぁ言ったその日が・・・・

離婚成立!ってか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です