何があった?明け方救急車が!

何があった?明け方救急車が!

ふと気が付くとオレは病院の治療室の中!

ストレッチャーの上に寝かされているようだ。女性の医師と男性の看護師と思われる人がオレの足に何かをくっつけてたり取ったりしている。後で知ったが俺は明け方

全身硬直させながら何か絶叫しおかしくなっていたらしい。そこでニョウボが救急車を呼び今この病院にいる

っというワケのようだ。自宅から連れ出される俺を見てムスメはもうダメだと思ったんだろうエンエン泣いていたらしい。

医師は今回の発作のような現象は“てんかん”の発作に似ているが後日検査をしてみるので・・・・っと言っていた。

しかし・・・・オレが救急車で運ばれるとは・・・

体力や健康には人一倍自信があったのに

オレは病院で気が付くまでの記憶が全く無い。しかし周りから見るとまるで自分の意思で動いたり返事をしているかのように見えたらしい。この辺も不思議。

病院からの帰りはタクシー

帰宅後横になって少し寝る。目が覚めてからタバコを吸いに外へ出たらちょうど救急車がやってきた。

忘れていった毛布を取りに来たようだ(笑)

さて・・・オレの今後

どうなるか

健康に生きるカテゴリの最新記事