光入れてカネもらう?結局最後は光になるのか

今まで料金の関係で後発電話会社のADSLを使ってきたが得な期間を過ぎたら光回線よりも高くなってきたので

それならいっそ“光回線”にすることにした。

滞りなく光回線に切り替えて後発電話会社との契約解除をしようとしたら契約解除のやり方がよくわからない。

そこでネットでググってみるとホームページから何度も何度もリンクを辿ってやっとこさ辿り着けるページのURLを発見!

で電話したら・・・・・ず~っと音声ガイダンスのみのアナウンス。オマケに最後にャモデム一式の返送先までガイダンスで言ってる。せめてそれくらい電子メールで送ってくれればいいのに。

更に「月末の解約ですので来月分も料金をいただきます」って・・・・今日は22日。月末って言うほどでも無いんでないかえ?まぁ確かに“下旬”ではあるがな。

とにかく電話会社は意図的に解約しにくいような状況を作っている!間違いなく確信犯だな。昔同じ電話会社のサービスを使ったことがあるので今回もそうだろうと思ってたからまだいいが

年寄りだったら間違いなく解約そのものを諦めるだろう。

その上昔はモデムだけ送り返しゃ良かったのに今回はランケーブルやら何やら送ったモノ全部返せ!ときたもんだ。

決して詐欺ではないがこういうやり方は相変わらずだなぁ~SBさんよぉ

だからイマイチ信頼されないんだよなぁ。安い事謳っといて実際に使うとどれもコレも別料金で・・・・オマケにオプションは事前に全部断ったのにモデム到着した時オプション全部加入させられていた!ネットや機器に疎い人だったら知らないで「あれ?何だか思ったよりも高いなぁ~」なんて感じでお金払い続けるんじゃないかなぁ。

どんなに変わったCM打ってもD社やA社ユーザーってなかなかS社には行かないもんなぁ。わかるよ、その気持ち。

いずれどこの電話会社も儲け過ぎじゃない?まぁいずれスマホユーザーはみんな格安スマホに流れて電話会社なんて回線提供するだけの“インフラ屋”になるのかもしれないな。

翌月に4万円振り込み


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です