除雪中隣の家のタイルを壊してしまった!どうする?

除雪中隣の家のタイルを壊してしまった!どうする?

一昨日激しい雪と風のため業務が難しくなってきたので会社の敷地内を除雪した。

俺は除雪の時は会社の敷地内だけでなく近隣の家や交差点、出入り口なども一緒に除雪する。

その事業所って気付かないトコで近隣に“迷惑”をかけているものだ。多少でもその罪滅ぼしになれば・・・・っという想いでだ。

ショベルローダーで隣の玄関先の除雪を行っている時、バケットを立てて玄関先の雪を引っ張ろうとしてバケットを下ろし雪を引っ張るため後進した時

“ゴトンッ”

っとバケットがッ!よく見ると・・・・玄関先の1段低いところの段差のところにバケットが引っかかってたか?

何かの割れた破片のようなものも見える。機械を降りて恐る恐る近寄ってみると・・・・

タイルが割れとる・・・・ホンのチョッとだが・・・・(悲)

一通り除雪が終了して考えた。「壊れたのはホンのチョッとだし・・・・雪も多いから気付かないかもしれないし・・・・・普段タダでこれだけ除雪してるんだし・・・・・・

バックレか?」

しかし翌日、自分のやってしまった事はやってしまったこと。人のものを俺が壊したという事実を消し去ることなどできやしない・・・・謝ろう。

もし「弁償しろ!」っと言われたら真摯に対応しよう。

そう思った。実は俺は建設業に長くいたもんだからタイルの補修もできるので何か言われたら俺が修理しようとも思っていたのだ。

で、業務が落ち着いた時に隣の家へ出向く。この日は土曜日なので家人は皆いるようだ。

ピンポーン

するとほどなくして旦那さんが出てきた。

「あッ、おはようございます。~です。実は・・・・・」

すると旦那さんは「あァいいですよ。いつもすごくキレイにして頂いて感謝しているんです。どうか気になさらないでください」

その言葉に体中のチカラがヘナヘナァ~っと抜けるような気がした。

「普段から絶対にこのようなことがないように気をつけていたつもりでしたが・・・・二度とこのようなことが無いようにします。本当に申し訳ありませんでした」

そう言って隣の家を後にした。

不思議と「よかった」とは思えなかった。壊れたものは元通りにならないから。でも正直助かった!っとは思った。

正直に告白してよかった。

これからはあまりギリギリを狙わないようにしよう。じゃないとまた同じコトを繰り返してしまう。

あぁ~こんな思いをするの・・・・・いつ以来なんだろう。

情けない

日記カテゴリの最新記事