岩手にもあったあかぬけた酒AKABU コイツは強いネ

  • 2017.03.05
岩手にもあったあかぬけた酒AKABU コイツは強いネ


AKABU各種
最近いい酒ばかり呑んでいるのですっかり舌が肥えてしまってその辺のスーパーで売ってるような酒を呑む気にならなくなってきた。コレはコレで困ったもんだ!

元々岩手の大槌で浜乙女(はまおとめ)という酒蔵が被災して酒作りをやめようか・・・・と思っていたところに東京農大を卒業してきた息子が酒を作ってみたら・・・・・上手かった。

そこで知り合いの伝(つて)を頼ってあちこちの酒蔵を回り勉強させてようやくの想いで盛岡に新たに蔵を作り完成させた酒がAKABU

造った本人は若干24歳の若者らしい。

もう一度呑みたくなる酒ってやっぱり雑味のない味わいと香り。昔の酒のように“いぶし銀”なんて言われる苦味や雑味なんか今は誰もいらないんだよね。

ところがAKABUには透明感のあるスッキリした味わいの中にちゃんと昔ながらの“雑味”が隠されている。

実はコレが無いと日本酒はただの飲み物になってしまうし、コレがあれば“酒”となる。

クッ・・・おもしれぇじゃねか。やるなぁ~24歳の杜氏めぇ~

カテゴリの最新記事