歳を取れば取るほど人の“死”に敏感で万感の想いが・・・・

歳を取れば取るほど人の“死”に敏感で万感の想いが・・・・

左とん平さん死去 80歳「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などで名脇役

若い頃は誰かが死亡したなどのニュースを見ても

「~歳じゃ死んだって仕方ねェ~んじゃね?何もそんなに大々的に報道しなくっても・・・・」

って・・・・マジで思ってた・・・・・

バカですよねェ。何歳になったって“もう死んでもいい人間”なんて一人としているはず無いのに。

“左さん”もそうですよね。

きっと若い人は「80歳だもの。しょうがないでしょ」って思うかもしれない。でも

アノ人の顔や声、愛嬌のある感じ。おかしなことを言ってるのに重みを感じる感じ。

面白い人だった。

近年はあまりテレビで見かけないなぁって思っていたら俺の住む地域の葬儀屋のCMに出てた!

アノ顔とセリフの言い回し。葬儀屋のCMなのに

素晴らしいッ!

って思っちゃってた。いつまでもこうやって活躍してくれれば・・・・とも。

やっぱり同世代以上の方々の死には俺的に万感の思い。やっぱり自分が血気盛んだった頃を彩ってくれていた一人だと思うと・・・・つい

クラスに一人はいる愛嬌ある感じでキャラ作って、私生活でもそのキャラのまんまの人だったようだ。

本当に残念です。

日記カテゴリの最新記事