“キチガイに刃物”明日どうなるかは誰にもわからない

「厳しく注意された」19歳巡査、動機を供述 警官射殺

 

警察官になりたくても誰でもなれるわけじゃない

オレの知人の息子さん。高校時代は柔道でインターハイにも出場したことのある猛者

その彼が高校3年のある日、警察署に出向き

「オレ、警察官になりたいんです。なれますか?」

っと聞いた。応対した警察署の方が

「そうか!じゃぁチョッと待ってろ。名前は?住所は?」

一旦奥に引っ込んで暫くしてから出てきた署員の方が

「・・・・残念だがキミは警察官にはなれない!」

彼の父親は実は“ヤクザ”だったのだ。

警察は新人警察官採用の際“家系調査”をするようだ。家系の中にヤクザだとか警察が警戒している団体の構成員などがいるとその子は警察にはなれないらしい。

だから警察官には基本“おかしな奴”はいないはずなのだ。

 

警察官になって20年程働き巡査部長になってこれから益々がんばろうって時に

後ろから拳銃で撃たれて死ぬ

そんなミライ、一体誰が想像できる?

上の者に叱られて、くやしいから拳銃で撃ってやった!

ヤクザでさえやらない

年齢は19歳だが頭の中身は水鉄砲で父親を撃つ就学前の幼児と同じ

ハハ・・・・スゲー事件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です