親・ムスメ・ニョウボ それぞれを飲み込んで生きる難しさと楽しみ

日曜日実家へ。

別に何か仕事があるわけじゃない

でも軽トラのなどの車検以来顔を出してないし

母親は父親の介護ばかりでうんざりしてるだろうし

日曜日くらい俺達子供が行って介護の手伝いはできないにしても

ハナシくらいはできる。

ムスメは前日修学旅行から帰ってきたばかりだが

翌日学校で集会があると言うので置いてきた

ニョウボはちょうど桜が見ごろなので家族3人でどっか行きたいと言う

しかしオレは親のそんな状況を案じるので田舎の実家に行くと言うとニョウボも納得

実家に到着前に近所のD氏にスペースギア用のオイルジャッキ2基置いていく

実家に到着すると兄貴も来た

兄貴がタイヤ交換をするというので俺も手伝う

兄貴も娘の将来を案じている。兄貴曰く

考えの未熟な子供をその気にさせるのが親の仕事だと言う

兄貴には子供はいないが的確なアドバイスだと思った。感謝!

夕方実家で食事はせずに帰る。おふくろはいつも通りにニコニコ見送ってくれた。

おふくろはオレの体たらくをあまり責めない。

多分オレがそれなりに何かがんばっていることを知っているのかもしれない。

母さん、いつもありがとう。オレ、がんばるからね。

本当にいつもありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です