喜久酔普通酒!実は特別本醸造よりイケる?“酒探しの旅”終了

ついに“喜久酔の普通酒”GET!

どっかの大学の教授が“もし無人島に行くのなら喜久酔の普通酒を・・・・”とか何とか、言ったとか?

ガマンできないので帰宅したらスグに呑もう!っと玄関のドアを開けたら娘が出てきて「ゴメン!お父さん、今友達着てるから・・・・・」

オレ:「あぁわかったわかった。じゃ、ちょっと買い物してくるから」っと一旦買い物に。

その後帰ってきてから速攻で開栓!

チョット前まで喜久酔の“特別本醸造”を呑んでいたので、それと比べたら普通にもっとクセの強い普通の酒になってるだろうなと思いながらグラスを口に運ぶ。

ほんの少し口の中に含んだ瞬間!さっきまでの予想は完全に裏切られた!

雑味など全く感じない。フルーティーで透明感漂う・・・・なんだよ、普通酒だっていうのに、ラベルのイメージと全く違うじゃねーか!

悪いが“特別本醸造”よりもランク上に感じる。でもこの味わい・・・・以前どこかで味わったような・・・・・・

・・・・・そうだ!“TYPE1”だ!ALPHA TYPE1とチョッと似ている感がある。

なんてことだ!“酒探しの旅 早くも之極まり”って感じ。普段呑みの酒はおいしいのはもちろんだが価格が重要!庶民が高価な酒を毎日呑むなんてコトは普通に許されるはずがない。オレのような奴が毎日呑む酒はできる限り安くて美味い酒で無ければいけない。

そんなオレの要件にピッタリの酒が3本も見つかってしまった!これ以上の酒を探すのは無駄なような気がする。

この3本があればそれでいい。もう酒探しはやめよう。これでいいじゃないか。日本にこんな素晴らしい酒があることを誇りに思いたい。

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です