突然気が遠くなる原因は?知ってますか?気を失いそうになるワケを

突然気が遠くなる原因は?知ってますか?気を失いそうになるワケを

仕事中、何でもない動きの時に不意に襲ってくる目まい。多いときは日に何度か脈絡もなしにやってきます。

何かしている時も「あッ!来るッ!」ってわかって、ス~ッと。でも事切れる前に戻っちゃう。

「脳梗塞の前兆か?」

と思い急いで脳神経外科にて脳と血管のMRI画像を撮ってもらい診断してもらうも

異常なし

しかしそれから数ヶ月後に“めまい”の原因と思しきものがわかってきました。私の原因不明の不思議な現象はどうやら・・・・・

“中性脂肪”のせいのようです。

中性脂肪が血流を悪くする

中性脂肪は人間の体が飢餓に備えて体の中に蓄えているエネルギー源なんだそうです。たるんだお腹や腰の脇肉なども正にそうなんですが多すぎて血中中性脂肪値が高くなると

最悪の場合動脈硬化や心筋梗塞を引き起こす!

だそうです。更に血液はドロドロになり血管の内壁にヘバり付き血液が流れにくくなる。

もしかしたら私の脳の血管の一部が詰まりかけて、それで目まいのような症状が出ていたのかもしれません。

食生活が重要

元々“魚”をよく食べる家庭に生まれ育ったんですが30代後半に結婚してからは“肉食の妻”の肉中心の食事だったと思います。

この辺がもしかしたら中性脂肪過多と関係があるのかもしれません。ところが妻の健康診断の結果を見ても中性脂肪値に異常はないんですよね。中性脂肪値ってその人の持つ“体質”にもかなり左右されるのかもしれません。

そこで自分だけ対策することにしました。中性脂肪値を下げるのに最も有効なのは

“黒酢”と“EPA”

だということがわかりました。黒酢は普通の酢よりもアミノ酸が豊富なので中性脂肪をより分解しやすいんだそうです。

そしてEPAはいわしやサンマ、大トロなど“脂っこい魚”に多く含まれるそうです。ただこのEPAっていう成分は体内で作ることができないので食事で摂取しなければいけないらしく、魚を食べる機会が無くなった私には合点がいきます。

魚を食べなくなった→EPAが不足する→中性脂肪値が上がる→血管がつまり気味になる→目まいが起きる

こんな流れではなかったでしょうか。

黒酢とEPAはその辺にある

自分だけ毎日夕食に家族とは別に魚料理を食べるわけにもいかないので(笑)“サプリ”を使うことにしました。

実は黒酢やサプリはその辺のドラッグストアーに売ってます!黒酢は調味料のコーナーに、EPAサプリはサプリのコーナーに。

黒酢は食後に6倍程度薄めて“オチョコに一杯”程度でイイんだそうです。

“食後”と言うのは、食事の後に黒酢を摂取すると“インスリンの分泌を抑制する”んだそうです。インスリンは血中の糖分から余計な脂肪を合成する働きがあるそうなので糖尿病が心配な人にも非常に効果的ですよね。

また黒酢は“飲み過ぎ”はよろしくなく、奨励されているのは“1日15ml”程度だそうです。

その後どうなった?

黒酢とEPAを摂取するようになってから1ヶ月。

目まいはなくなりました。それどころか疲れやすい体質が改善できて毎日面白いくらい働いています。

毎日の“疲れ”を何とかしようと今まで“ビタミン剤”を常用していましたが黒酢とEPAを摂取するようになってからはピタッと飲むのを止めてしまいました。

更に“お腹周りの贅肉”がなくなってきました。一見普通体形の私も歳相応にお腹周りはだらしがなくなっていましたがソレが改善され、ベルトからお肉が滴り落ちそうなのが無くなりました!

本当に嬉しい・・・・・

かなりの効果があったと思います。黒酢とEPAいずれかならともかく、両方用いることでこれほどの効果があるなんてテレビでもネットでも見たことがありません。

“物忘れ”も改善♪

今使っていた物をちょっとその辺に置いてトイレなどに行って戻ってきたときに

「あれっ?どこに置いたっけ?」

って事、僕の場合凄く多かったんですが今は無くなりました(嬉)

実際仕事で日報を書くときでも今日やったことや昨日の事、あまつさえ“今日が何日か?”

さえすっかり忘れているものでしたが、今は結構覚えているようになりました。

脳の血管の血流が良くなって記憶領域の神経細胞が元気になっているんでしょうか?

それともEPAのサプリにはDHAも含まれていますのでそれが脳に好影響を与えているんでしょうか?

とにかくイイ事ずくめです。

早く中性脂肪値を再測定してみたい。

 

健康に生きるカテゴリの最新記事