大東〇託が家賃の値上げをする背景は大家に対する支払いか?

昨日“住んでるアパートの家賃が毎年上がる大〇建託”の件”に関するグチを書いたが、彼らが毎年毎年相場に見合わないほどに家賃を上げる理由は恐らく・・・・・地主に対する支払い・・・・ではないだろうか。

元々広大な土地を持っている高齢者にまことしやかに“儲かりますよ”と甘い言葉でそそのかして“家賃30年保障”とかなんとか・・・・

アパートの建設資金などは全部地主が出す。だから銀行にローンを支払うのも全部地主。

ところが近隣に同じような物件が増えてくると“入居者獲得競争”になって結果

入ってくる家賃収入はローンよりも少ない!という現象になる。

これでは納得いかないと地主は大東〇託に噛み付く!

そこで大東〇託は入居者に対して理不尽な家賃の値上げを行う。

なんとも単純な構図。でも

入居者はその賃料値上げに従う義務は無い事も、出て行く必要がない事も、従来通りの家賃で住めることも覚えておいた方がいいだろう。

まったく・・・・ちゃんとできないんだったら最初からこんな事業やらなきゃよかったのに・・・・

詐欺師集団か!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です