錆びやすい車メーカーはどこか?ソレは言わずと知れたあのメーカーですよ

乗ってて快適。まだまだ乗りたいのに・・・・コレじゃみっともなくて乗れない

こんな残念な気持ちになったことのある方も多いかもしれませんね。

特に多いのが“タイヤハウスの劣化!”

私も泣く泣く大好きだったクルマを手放した経験があります。

このいまいましい錆の原因はあなたのお手入れの不始末ではありません。メーカーによって仕掛けられた“作戦”です。

自動車メーカーはその車を永くあいしてもらおうなどとはサラサラ考えていません。

3~5年乗ってもらったら次のクルマに乗り換えてもらいたいと考えています。

ですから一定期間を過ぎたら激しく劣化してくるようにちゃ~んと考えて造っているんですね。

つまりその錆はメーカーの目論見通りなんです。頭イイですね。自動車メーカーの人達って。

で、「どこのメーカーが錆びやすいか」なんですが

・・・・・あまりおおっぴらには言えないんですが・・・・・

・・・・・Nかな

だいぶ昔から、多分未だに

昔からクルマ大好きで女性よりクルマばかり見てきたのでわかります。

最近はHも仲間入りしそうですね。

意外なのはM。不人気メーカーなんですけどそういうのはちゃんとやってるみたいですねぇ。そういえばMの古いクルマっていまだにけっこう走ってる。

人気メーカーのTも少ないかなぁ。

なんとなくですが海外での販売が多いメーカーはそういうのちゃんとやってるような気がします。

ちなみにタイヤハウスは錆びてボロボロになっても車検はOKですが

ドアは錆で穴が空こうものなら車検はNGです。

NもHもフェンダーやタイヤハウス周りは錆でボロボロになりますがなぜか?ドアは大丈夫!

ボディ担当の設計者は神か?

ちなみにコレはあのベンツのA160。かなり古いクルマなのに立派ですね。さすがはベンツという感じ。

やっぱり海外では自動車って50~60万キロ乗るなんてザラですから10年落ち程度で錆でボロボロになるクルマなんて話にならないのでしょう。

まぁこれくらいの時からちゃんと対処すれば多少は延命できるんでしょうけどねぇ

ちなみにコレくらいの錆ならある程度のレベルまでは自分で対応可能です。

  • ワイヤーブラシなどで塗装を削る
  • ブラシ、または錆落しで錆を除去
  • 再塗装

まぁ程度によっては穴埋めしてから塗装でしょうか。要は

“今の錆を除去して塗装などで空気や水に触れなければこれ以上錆びることはない”

ということですね。ちなみに右の錆落しは“天から授けられたもの”です(笑)

仮にフェンダーの錆が“かなりヒドイ”としても補修は可能です。

気に入ってるクルマなら補修した方が得かな?って思いますけどね。

 

早い段階で処置したければ右のような錆止め塗料もあります。

このスプレーの秀逸なところは“錆の上から塗っても効果的!

普通錆止めは、完全に錆を落としてから使うものですが

錆を完全に落とすって・・・・結構大変

錆が残っていてもOK!って・・・・イイですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です