自閉症は遺伝ではない!“種子法”廃止で自閉症の子供が更に激増する!

これを見て欲しい

日本の農業をぶっ壊す種子法廃止、なぜほとんど話題にならない?

どこの学校にもほぼ必ず存在する“自閉症”の子。

昔はほとんど居なかったのに今ではどこにでも居る。日本全体では“激増”!

っと言っても過言ではないようだ。

自閉症は一般に“遺伝”っと言われてきたが実は違うようだ。自閉症の原因は

遺伝子組み換え食物

のようだ。日本では今まで遺伝子組み換え食品は作られていなかったが一体どこから?入り込んでいたのか?それはわからないが

遺伝子組み換え技術が実用化してから自閉症の子供が劇的に増え続けているのは間違いないようである。

当然そういうデータは海外にもたくさんあって、海外では

遺伝子組み換え食物はヤメよう!

っという流れになっているそうです。しかし急にそんなことを言われても遺伝子組み換え食物を大量に抱えているので廃棄する事もできず、有益に処分するために今も飼料として

日本に輸出されているそうです。

“種子法”廃止でどうなる?

要は今年から日本では遺伝子組み換え食物を自由に作り販売したりすることができるようになるそうです。

海外では“人間に害があるからヤメよう”としているものを今から日本で大いにやるというのです。信じられません!この国は一体どれだけ遅れているんでしょうね!たぶん今年辺り

“自力で月面着陸を目指す”

なんて政府が言い出しそうで・・・・・怖い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です