古いディーゼルエンジンを静かにできるのは・・・・・燃料でした

セタン価向上剤

古いディーゼルエンジンのクルマ。オイル交換もちゃんとやってるしどこも悪くないはずなんだけど朝の暖機運転の時、キーをひねると“ガガガガガガガ・・・・・”って

けたたましい音を張り上げるのは恐らく“ノッキング音”!

日本語で言うと“異常燃焼音”って言うんですが、エンジンって消耗してくると空気が圧縮された時、どっかから空気が漏れて想定されてる圧縮圧を得られなくなるとそういうノッキング音が出ます。

まぁ少し経ってオイルがエンジン内に行き渡るとエンジンは静かになりますけどね。

田舎の戸建てだったら気にしないんですけどアパートのすぐ前の駐車場とかだとかなり気を使います。

何が消耗してきているのか?というとエンジンバルブの“ステムシール”と“ピストンリング”

交換できないことも無いんですがそうするとエンジンのオーバーホールということである程度お金と時間がかかります。

でもこのノッキング音を和らげる方法はあります。どうするかと言うと“燃えやすい燃料”を使えばいいんです。

ディーゼルエンジンの場合適正な圧縮圧を得られないと言うことは“適正な燃焼温度に達していない”とも言えると思います。

だったら“燃えやすい燃料”を使えば本来の燃焼のタイミングを取り戻せるかもしれない。

ガソリンの場合は“ハイオク”と言うのがあります。コレはオクタン価が高い燃料のことを言います。

軽油の場合は燃えやすさを示す指標として“セタン価”と言うのがあります。このセタン価を上げてやれば軽油は燃えやすくなります。

以前はエネオス系のGSで“プレミアム軽油”っての売ってましたが正にこれは通常の軽油よりもセタン価が高い燃料でした。

しかしこのプレミアム軽油って実は・・・・・添加剤で上げていた!って知ってましたか?

もしその添加剤が手に入るとしたら・・・・・・・セタン価上げ放題!

灯油も軽油みたいに使える添加剤

セタン価のほか潤滑剤も配合した添加剤もあります。コレを入れれば灯油を軽油として使うことができます。

もちろんその燃料で公道を走行することはできませんが(脱税になるので)農業用機械や建設機械などで使用することはできます。

イマドキの排ガス対策されたエンジンもOK!

ディーゼルエンジンに灯油を入れてはいけない理由が“セタン価と噴射ポンプの潤滑性能の不足”

コレを補ってくれるわけです。

ホームセンターに行くと色々な燃料添加剤がありますが一種“まやかし”のようなモノも多いです。どうせ使うならこういう本格的なものを使うと劇的な効果を得られると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です